Apple Watch Series4を買ってから2ヶ月が経ったのでレビューする

こんにちは、サブローです。

Apple Watch Series4を買おうかどうか迷っている、という方へ。

今回は、Apple Watch Series4を買ってから、2ヶ月が経ったので、使っていて気づいたことをレビューしていきます。

この記事を書いている僕は、情報系の大学を修了しており、パソコン歴10年、Mac歴8年です。

Apple Watch Series4の外観

今回、紹介するモデルは、Apple Watch Series 4(GPSモデル)- 44mmシルバーアルミニウムケースとシーシェルスポーツループです。

ただ、バンドはFullmosa コンパチ Apple Watch バンドにかえています。

では、外観からみていきましょう。

本体の前面スクリーン部分です。

Applewatch s4 1

本体側面、デジタルクラウン側です。

Applewatch s4 3

本体側面、スピーカー部分です。

Applewatch s4 4

Apple Watch Series4の使用感

Applewatch s4 2

では、Apple Watchを使っていて感じたことを書いていきます。

まずは、文字盤ですが、上の画像のように、日付、時間、アクティビティモニタ、スケジュール、バッテリー残量、天気、タイマーという構成にしています。

インフォグラフモジュラーという文字盤なんですが、これが一番つかいやすいですね。

1つの画面に表示できる情報が多いですし、シンプルで見やすいです。

スケジュール管理アプリには、Fantastical 2 for iPhoneを使っていて、iPhoneとApple Watchの両方に対応しています。

設定をすれば、予定が始まる前に、リマインドしてくれるので便利です。

あと、Apple Watchを使っている一番の理由についてなんですが、それは通知のわかりやすさですね。

iPhoneだと、どうしても音による通知に気づけないことがあると思います。これがApple Watchだと、通知を見逃すことがありません。

なぜなら、触覚による通知だからです。

電話でもLIMEでも、着信または受信があると、Apple Watchが振動し、小さな音がでます。

この、触覚に訴えかける通知になってから、見逃すことが全くなくなりましたね。

あと、重宝している点としては、防水機能です。

僕はテニスをするのですが、その際、汗や雨に対して全く気にすることはありません。

水泳にも使えるくらいですからね。このくらいで不具合が出るようであれば、問題ですよね。

あと、マイクとスピーカーが付いてるので、Apple Watch単体で電話を受けられるのも、地味に嬉しいです。

こんなところですかね。

まだまだ、いろいろな機能があると思うのですが、僕が普段つかっているのは、このくらいですね。

使い方しだいでは、さらに便利に使えるので、これから模索していきたいと思います。

まとめ

今回は、Apple Watch Series4について、レビューしてみました。

少しお高い製品ではありますが、使い方しだいで、それだけの価値はあると思っているので、購入を検討してみてはいかだでしょうか。

それではまた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*