Macを使うメリットについて、Mac歴8年の僕が書いてみます

Windowsのパソコンは持っているけど、わざわざMacを使う意味ってあるの?、という方へ。

今回は、Mac歴8年の僕が、Macを使うメリットについて、僕なりの視点で書いていきます。

この記事を書いている僕は、情報系の大学を修了しており、PC歴10年、Mac歴8年です。ちなみに、Macの所有歴は、MacBook Air→MacBook→MacBook Proです。

よかったら、こちらの記事もあわせてどうぞ。

MacBook Pro 2017を買ったから、レビューしてみる

MacのメリットはmacOSであること

何言ってるの?、と思う方もいると思いますが、僕はこう思うんです。

基本的には、macOSを使えるマシンは、Macだけです。

自作PCでは、もしかしたら使えるかもしれませんが、それはおいておきましょう。

なので、macOSを使うためには、Macを買うしかないのです。

WindowsというOSも、もちろん素晴らしいOSです。

ただ、使い勝手と操作性の良さを比べると、macOSのほうが優れてると、僕は感じます。

ターミナルで、Linuxと同じコマンドを使ってプログラミングができたり、iPhoneとの親和性が高かったり、officeソフト、動画編集ソフト、音楽制作ソフトが無料で使えたりと、macOSの利点は数多くあります。

また、Windows搭載のPCの場合だと、さまざまなメーカーが販売をしていて、さまざまなアクセサリがある中で、ユーザが好きな組み合わせてOSを扱う、というのが一般的だと思います。

それだと、どうしても僕は、OSの性能をフルに使えているとは、思うことができません。

AppleがハードからOSからアクセサリまでを一貫してデザイン、製造することによって、OSが使われるであろう操作を想定している中でOSを扱う、というのがやはり効率的だと、僕は思います。

なので、僕は、macOSを使うためにMacを使っています。

もちろん、これだけの理由ではありませんが。

文字の描写がキレイである

僕は、MacBookのシリーズをかえながら8年ほど、Macを使っていますが、他のマシンに比べて、文字がキレイで読みやすい、と感じています。

文字って、パソコンを扱う上で必要不可欠なもので、その文字がキレイで読みやすいということは、パソコンを扱う時のストレスが断然ちがってきますよね。

同じフォントを使ったとしても、他のマシンとはキレイさが全然ちがいます。

おそらく、画素数とスケーリングの問題なのですが、僕が使っているMacBook Pro 2017の場合、2,560 x 1,600もの画素数が13.3インチの中に収まっています。

通常のフルHDのディスプレイだと、1920 x 1080の画素数に23インチもしくは24インチという感じだと思います。

もちろん、Windowsでも同じフォントを使い、同じ画素数にすれば、キレイにすることはできますが、これが結構手間がかかります。

こういった手間をかけることなく、キレイな文字が読めるのであれば、Macを買ってもいい、と思いませんか?

まとめ

今回は、Windowsのパソコンは持っているけれど、Macを持っていない方に向けて、Macのメリットを書いてみました。

これまで書いたように、MacにはWindows搭載のPCとは、明確な違いがあり、明確な利点があります。

デメリットを挙げるのであれば、Macは高いです。

ただ、Macには、その価格を上回る利点が上記以外にもたくさんあるので、使ったことがないという方は、1度、Macを使ってみてください。

すぐにその利点を理解できると思います。

それではまた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*