【2018年Mac版】Rubyを用いた、プログラミングの始め方

こんにちは、サブローです。

Rubyでプログラミングを始めたいけど、環境を構築する方法がわからない、という方へ。

今回から、Rubyプログラミングの環境構築から実践まで、シリーズを通して、みなさんと一緒にRubyを学んでいければな、と思っています。

記念すべき第1回目は、MacにRubyの最新バージョンをインストールし、実行環境を整えるところまでを解説します。

※Macは初期の状態で、Rubyを使うことができます。ただ、バージョンが最新のものではないので、環境を最新のものにしていきます。

この記事を書いている僕は、情報系の大学を修了し、プログラミングにおいては、ある程度学びました。

Rubyに関しては、趣味程度でしか触っていないので、まだ、知識が豊富というわけではありません。

ただ、これから勉強をして、実践的に使えるレベルまで持っていきたいと考えているので、僕がインプットした情報を随時アップしていくという形で、このシリーズを進めていきたいと思います。

まずは、Homebrewをインストール

Rubyの実行環境を整える前に、まずは、macOS用のパッケージマネージャーである「Homebrew」をインストールします。

パッケージマネージャーとは、ソフトのインストールや削除などの管理をしてくれるもので、App Storeのようなものというイメージで、OKです。

Xcodeをインストール

MacのApp Storeより、Xcodeをインストールします。

Command Line Toolsのインストール

ターミナルで、xcode-select –installコマンドを打つと、

Mruby1

のように表示されるので、インストールを押し、規約に同意します。

Mruby2

と出れば、完了です。

Homebrewのインストール

Homebreの公式サイトにいき、スクリプトをコピーし、ターミナルにペーストし、実行します。

このとき、Xcodeを一度も起動したことがない状態だと、先に進まないので、初回の起動は済ませておいてください。

brew doctorコマンドを実行し、

Your system is ready to brew.

と出ればインストール完了です。

rbenvで、Rubuのバージョンを管理しよう

Rubyの最新バージョンをインストールする方法は、いくつかあるのですが、今回は、バージョンを管理してくれる、rbenvをインストールし、バージョンを切り替えられうようにします。

また、rbenvのプラグインである、ruby-buildも一緒にいれていくと、何かと便利とのことなので、こちらも一緒にインストールします。

では、ターミナルで

brew install rbenv ruby-build

を実行。

下記を、.bash_profileに書き込みます。.bash_profileがなければ、新規作成で。

# rbenv PATH

if which rbenv > /dev/null; then eval “$(rbenv init -)”; fi
export PATH=”$HOME/.rbenv/bin:$PATH”
eval “$(rbenv init -)”

ターミナルを再起動するか、source .bash_profileを実行すれば、.bash_profileが適用されます。

インストールが完了し、PATHが通っているかを確認するために、

rbenv -v

でバージョンを確認。

rbenv versions

で、インストールされているRubyのバージョンを確認。

rbenv install -l

でインストールしたいバージョンを確認して、

rbenv install 2.5.3

のようにインストール。

rbenv global 2.5.3

でバージョンを切り替えると、

ruby -vとしたときに、ruby 2.5.3となっていると思います。

まとめ

今回は、Rubyのバージョンを管理するために、rbenvとruby-buildを導入し、Rubyの実行環境を整える方法を解説しました。

今後、シリーズとして、Rubyを実践的に使えるように、勉強をしながら、みなさんと一緒にスキルUPをはしていければ、と思います。

それではまた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*