MacBook Pro 2017を買ったから、レビューしてみる

こんにちは、サブローです。

MacBook Proを買おうと思っている方へ。

今回は、MacBook Proの2017年モデルを買って、1週間が経ったので、僕なりの視点でレビューをしていこうと思います。

この記事を書いている僕は、

  • 情報系の大学を卒業
  • Mac歴8年

です。

スペックの詳細は以下のとおりです。

モデル MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)
CPU 第7世代の2.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ
グラフィック Intel Iris Plus Graphics 640
メモリ 8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
ストレージ 256GB SSDストレージ
ディスプレイ 13.3インチ 2,560 x 1,600ピクセル
スペースグレイ
価格 ¥164,800- (税別) 平成30年12月現在
キーボード USキーボード

平成30年12月現在、Apple Online Storeで購入できるMacBook Pro 2017 256GBの13インチモデルを、キーボードだけカスタマイズしたものです。

より詳しいスペックは、Apple公式サイトにて。

外観とかキーボードとか

Macreview2

ここでは、外観といった、中身ではなく外側のレビューをしていきます。

外観とディスプレイ

閉じてある状態の外観は、まあ、Macなので素晴らしい、の一言ですね。

流線型のアルミボディに、appleのロゴマークが凛と佇んでいる感じです。

ちなみに、appleのロゴマークは、光りません。

コネクタ周りに関して言うと、USB-Cポートが2つと、ヘッドフォンのポートが1つのみですが、不自由は感じません。

外部の機器を使うという人以外だと、DropboxやGoogleドライブといったオンラインストレージが普及している現状、ポートの数は、そんなに必要ないと思います。

CD/DVDドライブも同様ですね。使うことがほとんどないので、なくても特に困ることはありません。

重さに関して、自宅の中の移動は、全く問題ないです。ただ、カバンの中に入れると、正直、ずっと持っているのはツライですね。持ち運べないことはない、といったところでしょうか。

ディスプレイは、光沢のあるタイプで、ベゼルは以前のモデルより細くなっており、発色も全く問題ないと思います。

ごめんなさい。発色の違いとかは、正直、わかりません。

キーボードとトラックパッド

キーボードは、第2世代のバタフライキーボードということで、この間まで使っていたMacBook 2015の第1世代のバタフライキーボードに比べると劇的によくなっていると感じました。

打鍵感が、圧倒的によくなっています。

音にすると、第1世代は「ペタペタ」、第2世代は「パタパタ」といった感じです。

トラックパッドは、十分に広さがあり、クリックもジェスチャーも非常にスムーズにできます。

若干、広すぎるような気もしますが。

性能とかバッテリーとか

Macreview1

ここでは、内部的なレビューをしていきます。

OSとかアプリの起動速度とヌルヌルさ

OSの起動は20秒ほど、Photoshopの起動が9秒ほどです。

その他、軽いものであれば数秒といった感じで、ストレスはありません。

Photoshopを使っている時のヌルヌルさについては、トリミング、サイズの変更程度しかしないのですが、その範囲ではストレスなく、動いてくれます。

レイヤーを重ねて、といったことをしなければ十分使えるレベルです。

バッテリーの持ちについて

公式サイトの情報だと、最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧とのことですが、ブログの執筆ですと、5,6時間といったところですかね。動画の視聴とかだと、もう少し短くなります。

まとめ

今回は、MacBook Proの購入を検討している方に向けて、僕が普段使っている、MacBook Pro 2017 13インチモデルをレビューしてみました。

持ち運びができて、ある程度のソフトまでであれば耐えられて、バッテリーの持ちも悪くないので、MacBook Proの中では、ひいては、Macbookシリーズの中で、一番おすすめのモデルです。

それではまた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*