ガス代と手数料をなるべく抑えて、OpenSeaでNFTの売買を少額で始める方法

こんにちは、サブローです。

今回は、NFTでの売買を始めてみたいけれど方法がわからないという方へ向けて、日本円を使って仮想通貨を購入するところからNFTの売買までを解説します。

OpenSeaを使ってNFTを売買する方法は人それぞれ様々な手順がありますが、ガス代と手数料を抑えた僕なりの手順をご紹介します。

この記事を読み終えることによって、OpenSeaを使ったNFTの売買が少しの費用で始められるようになります。

なお、この記事はボリュームが大きいため、分かっているところはスキップしてください。

また、目次をみて必要なところだけを読むという使い方でも全然OKです。

NFTとは

NFTはNon-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略で、代替不可能なトークン、つまりひとつひとつが固有で唯一無二のデジタル資産です。

POINT

簡単にいうと所有証明書付きのデジタルコンテンツですね。

仮想通貨にも使われているブロックチェーンの技術がNFTにも使われていますが、これについてはあまり深く考えなくてもいいかと思います。

誰が作って誰から誰の手に渡って所有者がこの人、といった取引情報をブロックチェーンで記録しておくことによって、デジタルコンテンツに資産的価値を持たせられる、といった認識でOKです。

なので、NFTのデータをコピーしたとしても取引記録がなければそれはただのデータであり、資産価値は生まれません。

デジタルな美術品というとイメージが付きやすいかと思います。

OpenSeaとガス代

OpenSeaは世界で最大手のNFTマーケットプレイスで、有名アーティストの作品やアート、トレーディングカード、ゲームアイテムなどを売買することができます。

すべてのコンテンツがNFTであるため、OpenSeaで売買されるコンテンツはすべて唯一無二のデジタルコンテンツです。

支払いはすべて仮想通貨で行われ、主要な仮想通貨はイーサリアムです。

また、アカウントについては誰でも無料で作ることができます。

ただ、NFTの売買には、ガス代というものがかかってくるんですよね。

ガス代は、イーサリアムのネットワークを利用するための利用料のようなもので、NFTの購入、出品、移動の際にかかります。

これが結構高いんです。

執筆時点においてOpenSeaにて確認したところ、50〜70$、日本円だと5700〜8000円で、加えて仮想通貨の出金手数料が2000円ほどかかってしまった場合、とりあえず少額で売り買いをしてみたいという方からすると勉強代と考えても高いですよね。

2種類のイーサリアム

OpenSeaのサイトをみてみると、イーサリアムを意味するダイヤのマークに黒色と紫色があります。

黒色がイーサリアムネットワークを利用したイーサリアム、紫色がPolygonネットワークを利用したイーサリアム(以下、Plygon版イーサリアムと呼ぶ)です。

イーサリアムネットワークを利用するためにはガス代がかかるといいましたが、このガス代を抑えようという目的を持つプロジェクトがPolygonネットワークですね。

技術的な言い回しをすると、Polygonネットワークはイーサリアムネットワークのセカンドレイヤー上に構築されたプラットフォームです。

POINT

簡単に言うと、イーサリアムで取引を行う際にイーサリアムネットワークを使うと手数料が発生するので、別のネットワーク(Polygon)で処理してしまおうということですね。

Polygonネットワークを利用したイーサリアムで取引をすることによって、先程のガス代を支払うことなく(あってもほんの少しの額での)取引が可能となります。

どちらもメリット・デメリットがあり、もちろん使い分けることも可能ですが、今回はなるべく費用を抑えたいので、Polygon版イーサリアムでのNFTの売買について解説します。

OpenSeaでNFTの売買を少額で始める方法

では、OpenSeaでNFTの売買を少額で始めるための方法について解説していきたいと思います。

多くの手順があるので、まずは流れを次にまとめます。

  • 国内の取引所(GMOコイン)で口座開設
  • 海外の取引所(Binance)で口座開設
  • MetaMaskウォレットの導入
  • 仮想通貨(ビットコイン)を購入しBinanceへ送金
  • Binanceで仮想通貨(ビットコイン)をMATICへ変換
  • BinanceからMATICをMetaMaskに送金
  • QuickSwapを使ってMATICをPolygon版イーサリアムへ変換
  • OpenSeaでアカウント取得しNFTを売買

手順が多くはなっていますが、現状この方法であればガス代や手数料がほとんどかからずNFTの売買を始められます。

POINT

具体的にいうと、執筆時点では1500円ほどでNFTの売買を始められて、目に見えてかかる手数料はMATICの送金にかかる手数料の0.1MATIC(約22円)のみですね。

また、取引所の口座は持ってるよとか、MetaMaskは既に導入してるよといった方は必要なところだけを読んでもらえればと思います。

​​国内の取引所(GMOコイン)で口座開設

では、国内の取引所で口座を開設する方法についてみていきましょう。

国内の取引所はいくつかありまして、代表的な取引所は以下です。

今回は、仮想通貨の出金手数料が無料であるGMOコインを使って解説します。

まずは、GMOコインの公式サイトへアクセスします。

アクセス後、口座開設を押します。

メールアドレスを入力し、「口座を開設する」ボタンを押します。

メールが送られてくるので、リンクをクリックしパスワードを入力します。

その後、メールアドレスとパスワードを入力し、ログインを行います。

SMSを受信可能な電話番号を入力し、「コードを送信」ボタンを押します。

SMSで送られてきたコードを入力し、「認証する」ボタンを押します。

このまま、「開設申込へ進む」ボタンを押します。

必要事項を入力します。

同じく必要事項を入力します。

ここも同じく入力し確認画面へ進み、間違いなければ完了となります。

こちらが会員ホームで、本人確認を手順に沿って行ってください。

これでGMOコインでの口座開設は完了です。

海外の取引所(Binance)で口座開設

国内の取引所で口座を開設できたら、次は海外の取引所であるBinanceで口座を開設しましょう。

日本語に対応していますし、口座開設の方法はGMOコインとさほどかわりません。

まずは、Binanceの公式サイトへアクセスします。

「今すぐ登録」を押しましょう。

そのまま、承認ボタンをクリックします。

「個人アカウントの作成」を押します。

メールアドレスとパスワードを入力します。

認証コード入力欄の「コードを取得」を押します。

右上に成功と表示されればOKです。

先程入力したメールアドレスに認証コードが送られてくるので、認証コードを入力し提出ボタンを押します。

国際表記でSMSを受信可能な電話番号を入力します。

基本的には頭の0をとるだけなので、090の場合は、90として入力すればOKです。

メールアドレスの時と同じく、「コードを取得」を押し、SMSで届いた認証コードを入力し提出します。

「今すぐ確認する」へ進み、本人確認を開始します。

名前を入力し、はいを押します。

ミドルネームの欄は空白でOKです。

右下の欄は「市」となっていますがここは気にせず都道府県を入力し、居住住所に市以降の住所を入力し、郵便番号を入力します。

任意の身分証明書を選択し、はいを押します。

スマホのブラウザの場合は、カメラへのアクセスを許可し撮影すればOKです。

パソコンの場合は右下の「私の端末にはカメラが付いていません。」を押します。

パソコンでここまで進めた場合は、スマホでアプリをインストールして続けてください。

もしくは、この画面を一旦閉じ、スマホのブラウザでログインを行うと同じようにこの画面に戻ってくることができます。

身分証明書と自身の顔写真を撮影しアップロードすれば、口座開設は完了となります。

なお、二段階認証としてGoogle認証アプリの導入を促されるので手順に沿って導入することをおすすめします。

MetaMaskウォレットの導入

国内と海外の取引所で口座開設が完了したら、MetaMaskウォレット(以下、単にMetaMaskと呼ぶ)を導入しましょう。

ウォレットとは、その名の通り暗号通貨の世界において財布の役割を持っています。

現実世界においても、銀行口座から現金を引き出して財布に入れて買い物をしますよね。

POINT

暗号通貨の世界においては、仮想通貨をウォレットに入れてOpenSeaといったサイトに接続することによって売買を行います。

今回は、OpenSeaでは主要な仮想通貨がイーサリアムのため、イーサリアム系のウォレットであるMetaMaskを使っていきます。

また、MetaMaskはブラウザの拡張機能として無料で提供されているので、今回はGoogle Chromeでの導入方法を紹介します。

では、Google Chromeを使って、chromeウェブストアのMetaMaskページへアクセスしましょう。

「Chromeに追加」をクリック。

「拡張機能を追加」を押します。

そのまま、開始ボタンをクリック。

「ウォレットの作成」を押します。

内容を確認し、同意します。

メールアドレスの入力は必要ないので、パスワードのみを入力します。

そのまま、「次へ」を押します。

鍵付きの部分をクリックするとバックアップフレーズが表示されるので、これを控えておきます。

できれば、1Passwordのような、テキストをパスワード付きで管理できるところで控えておくことをおすすめします。

バックアップフレーズは単語の羅列になっていますので、順番にクリックして確認ボタンを押します。

「すべて完了」を押します。

このようなページに移りますが、このページはほとんど使うことがありません。

右上のジグソーパズルのような形のボタンから固定を選択すると、ブラウザの右上にキツネのボタンが表示されるので、このボタンからMetaMaskをいつでも表示することができます。

これで、MetaMaskの導入は完了です。

ただ、今回はPlygon版イーサリアムの使用を目的としています。

そのためには、Plogon版イーサリアムを扱うためのネットワークであるPolygon mainnetへウォレットを接続する必要がありますので、解説していきます。

キツネのボタンを押してMetaMaskを表示させたら、右上の赤いアイコンをクリックして設定に移ります。

下までスクロールしネットワークを選択します。

「ネットワークの追加」を押します。

次のように入力し保存を押します。

ネットワーク名:Polygon mainnet

新規RPC URL:https://polygon-rpc.com/

チェーンID:137

通貨記号:MATIC

ブロックエクスプローラーのURL:https://polygonscan.com/

MetaMaskのウィンドウの中央のイーサリアムメインネットとなっているところをPolygon mainnetに切り替えてみましょう。

何事もなく表示されれば接続できています。

これで、Polygon mainnetに接続できるようになったので、Polygon版イーサリアムを使うことができます。

仮想通貨(ビットコイン)を購入しBinanceへ送金

では、ようやく準備が整いましたので、GMOコインで仮想通貨(ビットコイン)を購入し、Binanceへ送金していきましょう。

今回はGMOコインの口座に1500円入金し、0.0003BTC(約1311円)のビットコインを購入後、Binanceへ送金します。

POINT

0.0003BTCのビットコインを送金する理由については、ビットコインをBinanceで変換するときの最低量が0.0003BTCだからですね。

イーサリアムだと変換の際の最低量は0.007ETHで、約2396円(執筆時点)かかってしまうことになるので、なるべく少額で始められるように今回はビットコインを使うことにします。

では、GMOコインの会員ホームへアクセスしましょう。

「日本円を入金」を押します。

即時入金もしくは振込入金から1500円を入金します。

入金についての解説は、入金方法や銀行口座によって異なるため省略しますが、画面の手順通りに行えば問題なく進むかと思います。

右上の口座情報で日本円が1500円入っていることを確認し販売所へ進みます。

中央の画面でBTCを選択し右の取引数量を0.0003にして購入を押します。

内容を確認し、確定ボタンをクリックします。

保有する暗号資産でビットコインを確認したら、入出金の暗号資産をクリックします。

ビットコインを選択します。

宛先リストから「新しい宛先を追加する」を押します。

送付先情報にはBinanceのビットコインアドレスを入力しますので、一度Binanceの画面へ移ります。

Binanceのダッシュボードから、入金ボタンをクリックします。

通貨はBTC、ネットワークもBTCを選択します。

このとき別のネットワークを選択してしまうと、最悪ビットコインが彼方へ消えてしまうので注意してください。

アドレス取得を押します。

赤枠のマークをクリックし、アドレスをクリップボードにコピーします。

このアドレスが、Binanceの口座にビットコインを入金(国内の取引所から送金)するためのアドレスです。

先程の画面に戻り、コピーしたアドレスを入力し「登録する」を押します。

その後、メールのリンクをクリックすると審査が入り、宛先の登録が完了となります。

宛先の登録が完了したら送付ボタンをクリックし、送付可能額の全額を入力し「確認画面へ」を押します。

送付数量の下に「送付1回あたりの最小数量は0.02BTCです。」とありますが、さらにその下に「全額送付の場合下限はありません。」とあるので、ここでは必ず全額送付するようにしましょう。

POINT

この「全額送付の場合下限はありません。」の文言と、GMOコインでは仮想通貨の送金手数料が無料であるというのがこの記事の重要なポイントです。

少し話はそれますが、詳しく説明します。

GMOコインの入出金に関するページをご覧ください。

表では送付手数料が無料となっており、最小数量が0.02BTCとなっていますが、下の※を拡大してみましょう。

※3に「全額送付またはGMOコイン口座間の送付の場合には下限はありません。」とあります。

POINT

つまり、GMOコインの全額送付を使えば仮想通貨を少額であっても無料で送金できるので、NFTの売買を少額で始められるということになります。

他の国内取引所だと、送金手数料だけで2000円以上かかる場合があるということを考えると、NFTの少額での始め方において、下限がなく送金手数料が無料であるということがいかに重要かが分かるかと思います。

話をもとに戻します。

内容を確認し、実行ボタンを押せば送金完了です。

送金には一定の時間がかかるので、一定時間後にBinanceのダッシュボードで確認してみましょう。

Binanceで仮想通貨(ビットコイン)をMATICへ変換する

Binanceへ送金できたら、ビットコインをPolygonネットワークの独自トークンであるMATICに変換しましょう。

MATICとはPolygonネットワーク独自の仮想通貨のことで、Binanceにおいて変換が可能な仮想通貨です。

Binanceを経由する理由がこの部分です。

Binanceであれば他の仮想通貨をMATICに変換できるからですね。

では、ビットコインをMATICに変換していきます。

ビットコインの入金を確認したら、トレードにマウスポインタをあわせます。

その後、コンバートを選択します。

プルダウンから振替元にはBTC、振替先にMATICを選択し、0.0003をBTCの欄に入力しコンバージョンプレビューを押します。

仮想通貨の購入のところで言いましたが、この変換元のBTCの最低量は0.0003BTCです。

コンバートをクリックします。

成功と表示されれば、コンバート完了です。

ダッシュボードで確認してみましょう。

先程はBTCと表示されていたところがMATICに変わっているかと思います。

次に、Binanceの口座に入っているMATICをMetaMaskに送金します。

出金を選択します。

通貨にはMATIC Polygonを選択し、アドレスにはMetaMaskのアドレスを指定するので、一度MetaMaskを開きます。

赤枠の部分をクリックし、アドレスをクリップボードにコピーします。

メインネットを切り替えてもウォレットのアドレスはかわらないので、メインネットの選択はどれでも構いません。

アドレスを入力し、ネットワークはMATIC Polygonを選択し出金額を最大にして出金ボタンを押します。

チェックマークを入れて、承認ボタンを押します。

内容を確認し次へ進みます。

メール認証コードを入力し、導入している場合はGoogle認証アプリの認証コードを入力して提出します。

これでMetaMaskウォレットへの出金は完了しました。

完了を押し、一定時間経過後に確認してみましょう。

このように表示されていれば、MATICが入金になっています。

なお、少しややこしいのですが、当初はMaticの名称で開発されていたものがリブランディングによりPolygonに変更となりました。

その名残で、僕がネットワークの追加の設定をする時に設定した名称が残っており、スクリーンショット時にmatic mainnetとなっていたのでPolygonへ訂正をいれています。

ちなみに、Plygonネットワークが発行している独自トークンの名称はMATICのままです。

QuickSwapを使ってMATICをPolygon版イーサリアムへ変換

MATICの入金を確認したら、MATICをいよいよPolygon版イーサリアムに変換していきます。

では、MATICをPolygon版イーサリアムに変換するために、QuickSwapへアクセスします。

QuickSwapで変換をするためにはMataMaskのメインネットをPolygonにしておく必要があるので、確認をしておきましょう。

FromのトークンにMATIC、ToのトークンにETHを選択しSwapボタンを押します。

このとき、ETHトークンの追加を求められる場合があるので、その場合は追加をしましょう。

今回は、7MATICのうち6MATICを変換することにし、1MATICを残しておくこととします。

なぜなら、MATICからPolygon版イーサリアムへ戻すときにも、ガス代としてMATICの支払いが求められるからです。

Polygonネットワークであればガス代はほんの少ししかかからないとはいえ、MATICをすべてイーサリアムに変えてしまうと、MATICへ戻すことができないので注意が必要です。

「Comfirm Swap」を押します。

MetaMaskでの確認を求められるので確認ボタンをクリックします。

Closeを押します。

少し待ちます。

このように表示されれば完了です。

Polygon版イーサリアムをもともと少し持っていたので、分かりにくくて申し訳ありませんが、Polygon版イーサリアムを0.003ETH取得することができました。

これでようやく日本円からPolygon版イーサリアムを取得できましたので、OpenSeaでの売買を始めることができます。

OpenSeaでアカウント取得しNFTを売買

長くなってしまいましたが、OpenSeaでNFTの売買をするための準備がすべて整いましたので、OpenSeaの使い方についての解説をします。

まずは、OpenSeaにMetaMaskを接続し、アカウントの設定をしましょう。

OpenSeaの公式サイトへアクセスします。

人型のマークにマウスポインタをあわせ、Profileを選択します。

ウォレットを接続してくれとのことなので、MetaMsakを選択します。

次へを押します。

接続ボタンをクリックします。

MetaMaskを接続したら、続いてSettingsを選択してアカウントの設定を行います。

署名を押します。

必要事項を入力します。

NFTを買うだけであれば、必須項目のユーザーネームとメールアドレスだけでいいので、その他の項目はNFTを売りたいと思った時で構いません。

SAVEボタンを押すとメールが送られてくるので、リンクをクリックして登録完了です。

僕のOpenSeaページはこんな感じに設定していて、主にProcessingプログラミングで処理を施した画像をNFT化して販売しています。

Processingプログラミングに興味があるという方は、以前の記事にProcessingの入門内容の記事がありますので、参考までにリンクを貼っておきます。

Processing入門-専門書をもとに分かりやすく解説します。

では、NFTの買い方についてみていきましょう。

今回は、一番オーソドックスな買い方をご紹介します。

ExploreのプルダウンからAll NFTsをクリックします。

NFT作品の最低価格は2ドルのため、今回は3ドルまでのものを指定します。

OpenSeaで出品されているNFT作品には、即時購入、オークション形式、金額指定でのオファーといったように販売方法が複数ありますので、今回はBuy Nowつまり即時購入を指定します。

今回は、直近で購入があったものでソートしてみます。

今回は、紫色のダイヤが表示されているNFT、つまり、Polygon版イーサリアムで出品されているNFTを買いたいので、一番左上に出てきている作品を選んでみます。

「Buy Now」ボタンをクリックします。

チェックマークを入れます。

「Confirm checkout」を押します。

signボタンをクリックします。

このとき、複数のボタンのクリックを求められることがありますので、順番に押して行けばOKです。

署名を押すと、購入完了となります。

エラーが出た場合は、何度か試すか、時間をおいてから購入しましょう。

続いて、自身で制作したNFTを出品する方法について解説します。

「My Collections」を選択します。

「Create collection」をクリックします。

コレクションは、NFT作品をひとまとめにしたもので、コレクションに追加することによってNFTを出品できます。

コレクションの画像を指定します。

必要事項を入力します。

同じく必要事項を入力し、Createボタンを押します。

僕のコレクションホームはこんな感じです。

続いて、コレクションにNFTを追加するため、「Add Item」を押します。

NFTをアップロードし、必要事項を入力します。

必要事項を入力し、Createを押します。

NFT作品の詳細ページはこんな感じです。

Createしただけではまだ売りには出されていない状態のため、売る数量と価格を決めて売りに出します。

このキツネのNFTは数量を100に指定したので、100個すべてを僕が所有している状態のため、そのうちいくつをいくらで売るかを指定して、「Complete listing」をクリックします。

signを押します。

署名ボタンをクリックします。

これで、出品完了です。

まとめ

今回は、費用をなるべく抑えて、少額でNFTの売買を始める方法について解説しました。

僕自身、こんなに長くなってしまうとは思っておらず、手順としては多くなってしまいましたが、この方法だと1500円程度(執筆時点)でNFTの世界にふれることができます。

どこかの手順でつまずいて失敗したとしても、リスクは少ないので試してみる価値ありではないでしょうか。

それではまた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*